最近はビットコインのニュースがとても目立っていますが、仮想通貨はビットコインだけではありません。

昔は仮想通貨といえばビットコインだけというイメージでしたが、2017年に入ってからアルトコインも時価総額をかなり伸ばしていて、大きな値上がり益をあげる事ができる可能性を秘めているのです。

ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと言いますが、投資対象として有望なアルトコインを探してみました。

アルトコインの特徴

1:価格水準が低い

ビットコインの価格に比べ、アルトコインは一般的に価格が安いです。「仮想通貨と言えばビットコイン」というくらいですから、後発組のアルトコインの方が高機能だとしても、知名度で圧倒的に劣ってしまいます。

一般の人に知られていなければ、買いたいという人も少ないでしょう。すなわち、ビットコインに比べて、アルトコインの価格水準はどうしても低くなりがちです。

2:流動性が小さい

上の特徴1に関連しますが、買いたいという人が少ないとはすなわち、積極的に売買しようという人が少ないことを意味します。すなわち、流動性が小さくなり、自由に売買できないことが多いでしょう。

そこで、アルトコインに投資する場合は、この流動性の小ささを考慮する必要があります。

3:取引所の数が少ない

以上の通り、取引する人が少なければ、そのアルトコインを採用する取引所の数は少ないでしょう。取引所は売買手数料を得て活動していますから、取引が活発でない仮想通貨を上場させても、コストばかりかかって損してしまうからです。

アルトコインを買う場合は、「どの取引所で買えるか?」を確認する必要があります。

アルトコインへの投資方針

これらの特徴を踏まえたうえで投資方針を考えてみました。

投資方針1:短期売買でなく、長期投資がよさそう

流動性が小さいということは、買った次の瞬間に売ろうとしても、売る相手がいない可能性があります。あるいは、買ってもいいよという人がいても、その価格はひどく低い水準かもしれません。

そこで、ひとたび買ったら、長期間持ち続けることが基本戦略となるでしょう。長期間持ち続けて、価格が数倍~10倍以上に跳ね上がるのを待つのです。

ただし、仮想通貨の世界で「長期」という場合、株式投資とはかなり様相が異なるかもしれません。株式投資の場合、長期と言えば少なくとも1年以上、長ければ10年以上という場合もあるでしょう。

しかし、仮想通貨の場合、1年間は「超長期」になるかもしれません。

投資方針2:複数のアルトコインを買う

残念ながら、どのアルトコインが急上昇するのか分かりません。

そこで、何種類ものアルトコインを買うという方法を検討できるでしょう。買ったうちのいくつかは外れで価格が下落してしまっても、別のアルトコイン価格が大幅上昇すれば、トータルでOKという計算です。

投資方針3:仮想通貨を貸し付けて利息で稼ぐ

投資方針1と2は、仮想通貨価格が上昇すると利益になります。しかし、将来の価格は上昇するかどうかわかりません。それが難点です。そこで、「仮想通貨を貸して、利息で稼ぐ」という方針が出てきます。

coincheckの「定期預入サービス」を利用すると、預貯金と同じようなイメージで利息を得ることができます。注意点を別記事「ビットコイン貸付で利息がもらえる」でまとめましたのでご覧ください。

 投資方針4:ICO期にあるアルトコインに投資する

これによって最安値のコインを買うことが出来る場合もあります。

ICOは文字通りありふれていますが、もしあなたがよくわからないアルトコイン投資をしたいなら、ICOが最適なスタート地点でしょう。

ICO後のコインの値は上がる一方ですが、早い段階で暴落しゼロに落ちるかもしれません

しかしコインが市場に出た後、急上昇する場合もあるので、それが売りのタイミングです。

これを行えば、簡単に利益を100から300%にすることができるでしょう。

もしすぐに急上昇しなかった場合、利益50から100%を目安に売るとよいでしょう。

この戦略はあなたが全額を一つのアルトコインやICOではなく、投資を複数のICOに分散したい場合はよい戦略となるでしょう。

 投資方針5:ICOの熱狂を避け、コインが市場に出回るのを待つ

上場後に価格下落したコインの買いを求めるのもよい方法で、これはICO時の価額より安く獲得できる可能性もあります。

これらのコインが市場に出たとき下落する理由は、プレセール購入者やICO時に協力した際にフリーコインを受け取った投資家らがマーケットにこれらのコインを投げ売りしているからです。

おすすめ取引所

Zaif(ザイフ)の登録方法はこちらから

取引所としてだけでなく、ビットコイン決済サービスの「coincheck payment」、「coincheck」寄付なども手がけている会社です。

ビットコインを使って電気代を支払えるサービスなども展開していて、積極的に仮想通貨を世に広めようとしている会社です。

アカウント開設から取引画面までとにかくシンプルで使いやすさは抜群。

口座開設も10分かからず速攻終わります。

最大の特徴はビットコイン以外にもイーサリアムやリップル、ダッシュ、オーガー、イーサリアムクラシックなど様々な仮想通貨が取引できること。

色んな仮想通貨を購入したいと考えている人はコインチェックを開設すべきです。

24時間、土日でも取引できるのも魅力のひとつですね。

また、コインチェックは不正ログインに対しての損失を最大100万円まで保証してくれるので安心です。(2段階認証をしていることが条件です)

ビットフライヤー

こちらは2014年1月に日本で初めて設立されたビットコインの取引所です。

つまり、日本では一番歴史のある取引所です。

リクルート、GMOインターネットなど、様々な大手企業が出資していることで有名で、日本の取引所の中ではトップクラスの資本力を誇っています。

資本力が大きいということは、それだけ僕たちユーザーにとっては安心して取引を行えるということです。

確認資料の種類や数登録によって「スタンバイクラス」「エコノミークラス」「プレミアムエコノミー」「エグゼクティブエコノミー」「ビジネスクラス」とランク分けがされていて、ランクによって日本円での入出金ができたり、1日の最大取引金額が変わるなど、できることに違いがあります。

Zaif(ザイフ)

zaif

こちらは2015年3月4日に設立された仮想通貨の取引所で、日本のテックビューロ株式会社が運営をしています。

もともとは取引所ではなく、「ウォレットサービス」として登場しましたが、その後Etwingsという会社を買収して、取引所として新たに生まれ変わったのがZaif(ザイフ)です。

一番の魅力といえば何と言っても取引手数料がマイナスになるところでしょう!

ただマイナスにできるのは「本人認証」までクリアしなきゃいけないので、手数料をマイナスで取引したい人は、口座開設をしたら「本人認証」まで済ませておきましょう。

アカウント開設に関しても、「メールアドレス入力」→「送られたメールに記載されているURLにアクセス」→「基本情報の登録の手順を踏む」

これだけです。

登録から入金、購入まで最短5分で行え、手軽に仮想通貨の取引を行うことができちゃいます。

 まとめ

いかがでしたか?

あるとコインは700種類以上あります。

仮想通貨バブルの今50倍、100倍となる通貨はまだまだあります。口座開設は思ったよりも簡単です。

僕も最初はほんとにわからないことだらけでした。
なので、少額の投資から初めて取引に慣れてみるのが良いと思います。この記事があなたの不安を少しでも減らせたらすんごく嬉しいですね。

また僕が新しく使ってみて、よかった取引所などがあれば随時更新していきます。