スポンサーリンク


BINANCE(バイナンス)は、取引開始当初は銘柄数も少なくよくわからないコインばかりでしたが、上場銘柄をどんどん増やしています。

中国企業のサイトですが、日本語対応しています。

実際にバイナンスを使ってみましたが、サイトが早くて快適に取引できます。

さらに、24時間の取引高が世界一の取引所になりました。

 

BINANCE(バイナンス)の特徴

取扱い通貨が多い

Binance(バイナンス)は取り扱い通貨が増えており、12月現在では90種類の仮想通貨の取り扱いがあります。

日本で人気の通貨や時価総額が高い通貨を上場させています。

先日もWAVES(ウェーブス)を上場させて話題を呼んでいました。

フォークコインは全て対応する予定

ビットコインを持っているだけで新しい通貨を貰えるので、バイナンスに預けるユーザーも増え取引高が増加しているものと思われます。

今後のビットコインハードウォークの予定

  • ビットコインウラン(12月31日)
  • ビットコインシルバー(12月中を予定)
  • ビットコインキャッシュプラス(2018年1月2日)
  • ビットコインアンリミテッド(不明)

12月13日には、スーパービットコイン(superbitcon)が保有しているビットコインと同じ枚数だけ配布されました。

日本語対応の海外取引所

Binance(バイナンス)は中国の取引所ですが、管理画面が日本語対応しています。

海外取引所はメリットが多いのですが、取引をためらう方も多いと思います。その点Binance(バイナンス)は日本語対応しているので安心して利用することが可能です。

これからBinance(バイナンス)は、世界の仮想通貨を牽引する取引所になるでしょう。

取引手数料が安い

取引所独自のトークンであるBNBを使えば、通常0.1%の手数料が半額の0.05%になります。

Bittrexが0.25%なので、BNBを使えば実質5分の1です。BINANCEで取り扱っているコインは海外の取引所よりもここで取引した方がお得です。

Binance(バイナンス)の登録方法

アカウント登録

まずは、Binanceの公式ページよりメールアドレスとパスワードを入力します。バイナンスの公式サイトは下記のバナーから。

BINANCE(バイナンス)こちらから登録できます

 

Binance-バイナンス

  1. メールアドレスを入力します。
  2. パスワードを入力(パスワードは大文字数字が入った8桁以上)
  3. パスワードを再入力します。
  4. 四角のボックスを左から右にスライドします。
  5. 利用規約にチェックを入れます。
  6. 全て入力できれば最後に登録ボタンを押します。

メール認証登録

次に、登録したメールアドレス宛にBinanceからメールが送信されるので、メールをチェックします。

Binance-バイナンス

メール認証に成功すると「お客様のアカウントが有効になりました。ログインして取引を始めましょう」という画面が表示されるので、ログインのリンクからBinanceにログインします。

ログイン画面では、初めに入力したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

2段階認証の設定

続いて、2段階認証の設定画面に進めます。2段階認証は任意ですが、セキュリティを高めるために必ず初めに設定しておきましょう。

Binance-バイナンス

バイナンスでは2段階認証のアプリは「Googl authenticator」が推奨されています。

アプリはios版とandroid版どちらもリリースされている使いやすいアプリです。アプリをスマホに入れていない方は下記からダウンロードできます。

⇒ BINANCE(バイナンス)こちらから登録できます

⇒ BINANCE(バイナンス)こちらから登録できます

Binance-バイナンス

Binanceの画面で表示されたQRコードをアプリで読み込むとコードが表示されるので、表示されたコードをBinanceの「2段階認証のコード」の欄へ入力します。

身分証明の設定をして出金制限を解除

Binanceでは、通常は24時間で2BTC以上の引き出しができないように出金制限がかかっています。しかし、身分証明証を提出して、アカウントLevel2に上げると24時間で最大100BTCまで引き出しが可能になります。

Binanceトップページ右上の人のアイコインをクリックして → メールアドレスをクリック → 身分証明完成をクリックして身分証を提出します。

Binance-バイナンス
Binance-バイナンス-
  1. Binance管理画面ホーム右上、人のアイコインをクリックします。
  2. 次にメールアドレスが記載されている部分をクリックします。
  3. 身分証明完成をクリックします。

身分証明の提出

身分証は『運転免許証』もしくは『パスポート』を提出することができます。

ここでは、下記では運転免許証をアップロードした時の解説をしています。

Binance-バイナンス

  1. Binanceの身分証明提出の画面では一番上のタイプを選択するで「ほかの国と地域」を選択します。
  2. 名前を入力します。ファーストネーム(名前)とラストネーム(苗字)が分かれています。
  3. 性別をラジオボタンで選択します。
  4. 国または地域の部分は「Japan」を選択します。
  5. 身分証の番号を入力します。(運転免許証の番号)
  6. 運転免許証の表面をjpe形式でアップロードします。
  7. 運転免許証の場合はここに裏面をアップロード。
  8. 画像で解釈が入っていますが、自分と身分証さらに「Binanceと当日の日付」を書いたメモを一緒に撮影してアップロードします。(ピントは身分証の番号がはっきりと分かるように撮影します)

全てアップロードできれば、一番下の「確認」ボタンを押します。以上で基本的なBinanceの設定は完了です。

Binance(バイナンス)のまとめ

大口の日本人投資家は海外の取引所をメインで使っています。海外取引所では数多くの仮想通貨を安い手数料で売買できるので、ほとんどの方が海外の取引所で仮想通貨をトレードしています。そういったことから今後、バイナンスは、日本語対応しているなど、日本人向けの海外取引所は取引量がさらに大きく伸びることが考えれます。

取引量が多くなれば、板が厚くなり、思っている金額で売ったり買ったりできるようになるので、初心者でも安心して仮想通貨取引ができます。

アルトコイン投資に興味がある方はこちらもお読みください

スポンサーリンク