保有している仮想通貨を貸し出すことで利益を受け取ることができるサービスがあります。

今回はコインチェックの仮想通貨レンディング、貸仮想通貨サービスについてご説明します。

コインチェックに手持ちのコインを貸し出すサービス

貸仮想通貨とは

oincheckの貸仮想通貨サービスとは、コインチェックへ仮想通貨を貸し出すものです。

コインチェックにコインを借りるのではなく、その逆です。

 

保有する仮想通貨についてユーザーとコインチェックが消費貸借契約を締結することによって、一定期間コインチェックが仮想通貨を預かり、契約期間満了後に預かった仮想通貨と同量・同等の仮想通貨を返却するとともに、一定の料率で計算した利用料をその仮想通貨で支払うというサービスです。

簡単に言えば、保有している仮想通貨を一定期間コインチェックに貸し出せば、金利が受け取れるという内容になります。金利は以下の通りです。
14日間:年率1%
30日間:年率2%
90日間:年率3%
365日間:年率5%

※サービスを利用には最低10万円分の通貨が必要ですのでご注意ください。

仮想通貨レンディングのリスク

仮想通貨を貸し出すだけで金利がもらえるので、長期保有者からすると仮想通貨レンディングは魅力的なサービスかもしれません。

しかし、リスクも存在します。

まず貸し出ししている間は仮想通貨を売却することができません。急に暴落しても何もできないわけです。

先日、中国がICOを禁止し仮想通貨が暴落しましたが、こうした際に対処できなくなります。

また、無担保契約で、万が一coincheckが破綻するようなことがあれば貸付けた仮想通貨が返却されない可能性があります。coincheckは日本の会社なので一定の安心感がありますが、海外のサービスを利用する際はより注意が必要です。

取引所の破綻リスクを考えてレンディングサービスの分散というのもありかなと思います。

coincheckは最短14日間からできるので、まずは短期間でどんなものか試してみてもいいかもしれません。