「画像 仮想通貨イーサ 」の画像検索結果

13日の市場はライトコイン(LTC)、リップル(XRP)などが高値を付け注目されていますが、4万円後半から5万円前半だった、時価総額2位のイーサリアム(ETH)も過去最高値となる660ドル(約7万5,000円)を付け続伸、時価総額にして約625億ドル(約7兆円)まで拡大しています。

スポンサーリンク


今回の高騰の材料としては、UBSによりイーサリアムのブロックチェーン技術を活用したプラットフォームが採用されたことが大きな要因になったと考えられています。UBSはスイスのチューリッヒ、およびバーゼルに拠点を置く、世界最大規模の金融持株会社。

それと、今日(13日)ロンドンで開催される大規模なミートアップの期待上げでしょうか。

イーサリアムはスマートコントラクトという機能が一番の特徴で、改ざんできないブロックチェーン上に契約書のようなメモを残すことができます。

これがイーサリアムのスマートコントラクト(契約の自動化)というもので、今後はこういった重要な情報や契約などの管理にイーサリアムが使われることは大いに考えられます。

このUBSがバークレイズやクレディ・スイス、スイス証券取引所、KBC銀行、トムソン・ロイターらと共に同プラットフォームでのスマートコントラクトを活用し、取引などデータの透明性向上を図っていくプロジェクトを進めています。

このような金融機関によるブロックチェーン技術/DLT(分散型台帳技術)の活用に向けた取り組みは多方面で進められています。

日本では2018年より、三菱東京UFJ銀行が仮想通貨リップルの技術を利用してバンクオブアメリカを含む大手6行と国際送金を行う予定であることを発表しています。

仮想通貨全体が相場を上げている中、投資家からは相場動向が注目されていますが、投資以外での実用化など、その技術発展にも期待されています。