仮想通貨のニュースは世間を賑わせています。特に3月19、20日にアルゼンチンで開かれるG20を前に、どのように仮想通貨が議論されるのか話題になっていますね。

それでは2018年3月1週目の仮想通貨に関する話題をまとめてみましょう。

G20で仮想通貨について日本主導で議論

 

G20で主に議論され内容として、仮想通貨に対する規制という話題があげられます。そもそもG20でなぜ仮想通貨について取り上げられるかと言うと、マネーゲーム化している仮想通貨に対する懸念や、犯罪資金やマネーロータリングへの悪用が考えられています。

これらの問題を解決するべく、日本ではすでに仮想通貨交換業者の登録性などについて、各国に説明をしていく考えを示しています。

仮想通貨のメリットでもあり、デメリットでもあるのが、国や中央銀行に管理されていないという事。

匿名性や迅速な資金移動が犯罪資金の移転に悪用されているのではという懸念が生じています。もちろん対策が全くないわけではなく、国際社会としてどのように規制をしていくのかという事をG20で議論していく予定です。

G20の中では、ドイツやフランスがこの仮想通貨に対する規制に積極的な態度を示しています。 もちろんすべてを規制することは、市場が縮小することになりかねませんので、どれほどの規制をどの程度進めていくのかが議論の注目点です。

各国の仮想通貨に対する規制の方針は、大きく分けて2つあります。

一つは、仮想通貨のリスクを警告した上で、不正取引やマネーロータリングを規制して、正しい運用が出来るように市場を形成していく方法です。

もう一つの方法は、完全に仮想通貨の運用を禁止する方針です。 各国独自で、仮想通貨に対する規制を行う話は、今までニュースにもなってきましたが、今回の議論で世界的に統一して、規制を進めていくという事で、目が離せない議論の内容になります。

Amazomやスターバックスも仮想通貨を開発か?

<スポンサーリンク>



Amazonが仮想通貨を開発する可能性

市場の望みとして、Amazonが仮想通貨を発行するならば、ぜひ利用したいという声が高まっており、Amazonがどのように仮想通貨を開発するのかも注目を集めています。

これはAmazonに対する世間の信頼の高さを表しており、新たな決済方法として、独自の仮想通貨という事も考えられます。すでにAmazonは流通の面で、大手というよりもトップに君臨していますし、それに仮想通貨という決済の方法を取り入れれば、さらに最強になるでしょう。

実に銀行関係者は、今後Amazonが仮想通貨などを用いて、決済方法を確立してくる可能性を示唆しています。

Amazonという流通業者の信頼がこれほど高く、またこの信頼の力を利用して、仮想通貨が確立されれば、法定通貨よりも信頼できるのではという声も上がっているようです。

スターバックスの決済方法が仮想通貨に?

スターバックスの会長は、デジタル通貨が消費者に受け入れるが、ビットコインに限らないという趣旨の発言をしており、ブロックチェーン技術を用いた決済方法を採用する可能性がある事を示唆しています。

スターバックスの会長は、ブロックチェーン技術の中で、信頼できる通貨がいくつかは生まれると考えており、それが決済方法になる可能性も述べています。

さらにキャッシュレスの店舗に加えて、独自の仮想通貨の開発の可能性も述べています。

楽天が楽天コインの構想を発表!

楽天が楽天コインという新たな仮想通貨の構想を発表しました。

バルセロナのMWCで、新たなトークンを楽天コインと呼ぶことを説明しています。楽天は、Bitnetを買収しており、ブロックチェーン技術と、アプリケーション開発を支援していました。

その技術を実際に利用する場面にまで、近づいている証拠と言えるでしょう。 考えらえる点として、今までの楽天ポイントというのは、海外で利用することは不可能です。それでもブロックチェーン技術を用いれば、国を超えた決済にも対応する事が可能です。

こうした決済の可能性の向上を目指して、楽天コインは開発されていくのでしょう。 現時点では、楽天コインが独自のブロックチェーン技術を使って運営されていくのか、それともスマート契約を利用しての、他のブロックチェーン上に構築されるのかは明らかになっていません。

Amazonと比べられることが多い楽天ですが、世界に12億ともいわれる楽天ユーザーの基盤構築のために、新たな決済方法を開発している事が明らかです。

<スポンサーリンク>



今週のまとめ

G20の話題や、チェーン店での仮想通貨の取り扱いの可能性が話題を集めています。もし仮想通貨がより身近な物になれば、世界のどこでも、簡単に決済できる日が近づくのかもしれません。

こうした新しい話題は、今後の仮想通貨の可能性をさらに高めますね。 G20でどのように仮想通貨が規制されていくのか、まずは目が離せないニュースが話題を集めそうです。