仮想通貨は、取引所とよばれる場所で一般の人がやりとりできるように公開されます。

しかし、取引所に公開される前に資金集めとしてプレセールにて資金集めを行うことがよくあります。

 

未公開の仮想通貨を最安値で購入し、その後取引所への上場によって何十倍もの利益が得られることがあります。

仮想通貨のICO規模は、昨年の約100億円から2017年は約800億円急拡大しています。

過去に行われたICOはどうなっているのか気になりますね。英語表示ですが、リスト化して現在の価格やICO時の価格。どのICOがどれだけリターンを得られたのかを確認することができます。

ICO Stats(https://icostats.com/roi-since-ico)というサイトで確認することができます。

 

さらに、ICOのプレセールはIPOのように特定の人のみしか購入できないものとは違い、誰でも購入することができます。

ICOは初心者でも資金を何十倍に増やすチャンスです。

ICO購入から取引所で売買するまでの流れ

ICOは上場前の通貨(トークン)のため、基本的に取引所で購入することができません。

基本的な流れは、

  1. 投資用の仮想通貨を購入しておく(コインチェック等の取引所)
  2. どのICO案件を購入するか決める
  3. 自分のウォレットにコインを移動させる
  4. 公式サイトのアカウント作成
  5. 該当通貨を送金
  6. 上場を待つ
  7. 上場された仮想通貨取引所で売買

こんな感じです。長く見えますが、一つ一つの工程でやることはごくわずかです。

仮想通貨の購入

ICO案件への参加は日本円では行えず、基本的にビットコイン、イーサリアム等の通貨で行うことになります。

そのため、ビットコインやイーサリアムを保有してなければICOに参加できません。

ビットコイン、イーサリアムはコインチェックビットフライヤーで購入できます。

まずはビットコインの購入から始めましょう。

ICO案件の検討

 

次に、どのICO案件に参加するのか決めます。

無数の案件があるので大変ですが、ここで勝敗が決まってくると言っても過言ではありません。

ホワイトペーパーをしっかり読んで吟味しましょう。

ICOプレセール情報を掲載しているサイトをいくつか紹介します。

クリプトカレンシーマガジンは国内のみならず、国外の仮想通貨情報も掲載しているウェブマガジンです。他のICO情報サイトと違って、ニュース記事で発信されています。また最新のICO情報のみならず、ビットコイン、イーサリアム、その他のアルトコインようにカテゴリー別に分類されているため、欲しい仮想通貨の情報をすぐに見つけることができる点が特徴です。

ICOの情報のみならず、仮想通貨に全般に関しての情報も多く発信されているサイトです。また「ICOとは?」や、仮想通貨に関する「用語集」のカテゴリーも用意されており、比較的初心者でもわかりやすいニュースサイトです。ICOの基礎を勉強するために利用するのもいいかもしれません。

最新の仮想通貨情報などは、他の媒体が発信したニュースをまとめて取り上げているようです。

 

Smith + CrownもICO情報サイトですが、特徴としてトップページに人気のICOランキングだけでなく、人気がないICOランキングも見ることができます。
デメリットとして英語対応のみである点があげられます。ホワイトペーパーのような英語で書かれた長い文章を全て理解することは難しいと思うので、ICOがおこなわれる事業の概要を押さえるために、このサイトを利用するのもいいかもしれません。

仮想通貨・ブロックチェーン技術やICO情報などの検索エンジンのようなサイトです。英語と日本語で暗号通貨とトークンの情報を発信されています。さらに公開前、更新中、完了の3つの大きいカテゴリーがあることで、全てのICOの現状段階を確認することができるのが特徴です。

日本語でホワイトペーパーの要約がされているので、日本語でどのようなプロダクトにICOがおこなわれるのか内容を理解することができます。

日本初のICO専門メディアで世界のICOのクラウドセール情報を日本語で配信しています。現時点ではICOがおこなわれるプロダクトごとの詳細は書かれておらず、いつクラウドセールがおこなわれて、どの仮想通貨で取引がおこなわれるかなどの基本情報のみが掲載されています。
まだいつICOがおこなわれるかもわからないプロダクトの情報も見ることができるので、いち早く情報を入手することができそうです。

  

このサイトではICOがおこなわれるプロダクトを集めていて、どれくらいクラウドセールが進んでいるかなどを確認することができます。プロダクト専用のページは用意されておらず、ICOがおこなわれるプロダクト公式ページとユーサーを繋ぐプラットホームの役割をしています。

最新のICO情報が多く掲載されているプラットホームです。ICOごとにページが用意されており、ICOごとにどんな理念で、どのような事業を立ち上げるためにICOがおこなわれるのかなども文章のみならず動画でも確認することができます。さらに、ICOをおこなう企業のウェブサイト、ホワイトペーパーやGitHubアカウントへのリンクも一覧で掲載されていて、このサイト1つでほとんどのICO情報を得ることもできます。

ICO情報掲載のプラットホームです。企業ごとのICOに関するページが用意されていて、クラウドセールの最終日までのカウントダウンが見ることができるのが特徴です。個人的には、Token Marketのプロダクトページのデザインの方が見やすいと思います。
ICOに関する情報が何のフィルターも通らずに掲載されているようなので、その情報が本当に信頼できるものかどうかはわからないため、他のサイトなどでさらに情報を集める必要があります。

ICO TRACKERの特徴として、どのくらいトークンセールが進んでいるかが、グラフによって一目でわかることが特徴です。さらに、ICOをおこなう企業ごとのページも用意されており、企業がおこなうイベントについても情報掲載されています。
インターネットの情報だけでは得られる情報が少ないと思った方は、実際にICOのイベントに参加してみるのもいいかもしれません。

ウォレットにコインを移動させる

取引所からそのままコインを送付できる場合もありますが、ほとんどの場合自分のウォレットからICOの販売先へコインを送金します。

イーサリアム系の案件が多いので、MyEtherWalletの作成をオススメします。

MyEtherWalletの作成方法はこちら

公式サイトで、アカウントの作成

投資したいICO案件が決まったら、案件の公式サイトへいきアカウント作成する。

案件専用のウォレットを作る場合もありますが、それも説明に従っていけば簡単に作れるので特に不安に思う必要は無いでしょう。

通貨を送金

あとは購入したい分の通貨を送金すればオッケーです。

これも説明に従ってやれば問題ありません。

ICOは上場しない可能性もあるので、投資し過ないようにしましょう。

ちなみに最低投資額は案件によって違いますが、大体ビットコイン基準で0.01BTCくらいから可能なものが多いです。

日本円で「約13000円くらいから」ということになります。

取引所への上場を待つ

送金が完了したら、

  • いつどの取引所に上場するのか?
  • どれくらい価格が上昇するのか?
  • 消えるか?

待つだけです。

上場された仮想通貨取引所で売買

仮想通貨取引所に上場することで、購入したトークンを売買することができます。

ほとんどのICO案件は、海外の取引所に上場するため、取引開始までに口座開設が必要です。

BITTREX(ビットレックス)は海外の大手仮想通貨取引所で、約200種類のコインを取り扱っており、取引高において世界最大級の取引所です。新規上場するコインの多くは、こちらの取引所で取り扱われるため、口座開設しておくほうが良いでしょう。
口座開設方法については、こちらを参考にしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ICOについてのご紹介や、実際におこなうための知識やメディアをご紹介しました。

ICO詐欺や仮想通貨投資による詐欺はいまだに少なくはありません。しかしICOに参加するメリットはそれ以上にあります。参加する上で一番大事なことは情報収集なので、一つの情報に頼るのではなくさまざまな情報を集めて判断することをオススメします。

 

ご質問がある方

このブログに関してご質問等がある方は、下記のお問い合わせフォームをご利用ください。