スポンサーリンク


患者、医療従事者、薬剤・医療機器メーカー、保健者と各々が医療の現場で求める価値は異なります。クラウド型電子カルテiMedsnの目指すプラットフォームは、これら異なる価値を相互に繋ぎ、それぞれがメリットを享受できるようにする。

iMedsnによって医療情報やカルテ情報がシームレスに利用されるようになれば、患者は標準化された質の高い医療を受けることができる。

 

iMedsn Coreとは

次世代のクラウド型電子カルテiMedsn

カルテや医学書など、診療に必要な情報は未だに多くは紙媒体で管理されています。
今まで倉庫や書棚に保管されていた診察に書かせない資料はすべてクラウドに保管されています。

ノートパソコン1台あれば、iMedsn Coreによっていつでもどこでもこれらの診療支援情報を参照
することができます。

最新の医薬品情報もその場で参照

iMedsn Coreがあれば患者の症状などから即座に診断情報を検索・閲覧することができます。

例えばあらゆる病例に対する診断ポイント、治療方針と推奨処方例などをその場で素早く検索するこ
とができます。

さらに処方例からは関連する医薬品情報をダイレクトに表示できます。これら医薬品情報は各医薬品
メーカーから定期的にアップデートされるので、ドクターは常に最新の医薬品情報を参照することが
できます。

レセコン機能とスムーズに連携

iMedsn coreにはオーダリングレセコンの機能が内蔵されています。
診察業務において、カルテを入力→診療支援情報を参照→推奨処方例から薬剤を直接オーダーといっ
た流れでスムーズにレセコンへ連動できます。

あっという間に入力できる革命的な操作性

iMedsn coreはできる限りキー入力の手間を削りました。
診療録は用意されたテンプレートに従って主訴などを選択するだけです。さらに選択した内容に連動
して自動的に診療支援情報が検索されます。
診療支援情報の推奨処方例から薬剤を選択すれば、数回のタップだけでオーダーまで完了します。

ブロックチェーン技術を利用した高いセキュリティ

iMedsn coreのデータは今後、この医療ブロックチェーンネットワーク上で管理されます。
これにより「消えない」「改ざんできない」「ダウンタイムが無い」という、極めて堅牢性と機密性
が高いプラットフォームを実現します。

ICOの登録方法

まずはMEDICALBITのサイトへ行ってみましょう。

MEDICALBITのサイトへ

登録の手順

    1. 赤丸のMBCトークン予約をクリック。
    2. メールアドレスを入力。
    3. 登録が完了すると、メールが届くのでそこに記載されているBTCまたはETHアドレスに指定金額を送金する。
    4. 完了メールを待つ。

予約期間中は特別に有利なレートでMBCトークンを予約購入できる。 さらに、ボーナスとして最大30%のMBCトークンをプレゼント。
また、紹介者には紹介された人が購入した10%に当たるMBCトークンをプレゼント。

MBCトークン受取の流れ

  1. MBCトークンの配布は2018年1月15日~
  2. それまでにMyEtheWalletのアドレスを準備しておく。
  3. メールを待つ。

以上で完了です。
相当期待のできるものですのでこのICOにはとても期待しています。

ホワイトペーパーだけでも見る価値アリです!