IndaHash(インダハッシュ)が今月の23日にHitBTCに上場することが決定しました。

その後も複数取引所上場予定とテレグラムで発表ありました。ICOに参加した人は、ここで売るよりもホールドの方が値上がりするかもしれません。

これから購入を検討されている人は、HitBTCで安いうちに購入しておくほうがいいかもしれません。安く購入するには、大手の取引所に上場する前のほうがいいでしょう。

HitBTCはこちらから登録できます。
↓↓ ↓↓↓↓ ↓↓↓↓ ↓↓

登録方法

  1. トップページ上部にある赤いボタン Registerをクリックする。
  2. メールアドレス
  3. パスワード(小文字、大文字、数字 の3種類を使う)
  4. ”私はロボットではありません”をチェック
  5. 赤いボタン 「Register」 をクリックする
  6. メールが届くので、メール内のURLをクリックする
  7. トップページに移動するので、「メールアドレス」「パスワード」を入力
  8. ”私はロボットではありません”にチェック
  9. Start trading now の赤いボタンをクリック

ログインできれば、無事にアカウント開設が完了です。

各種セキュリティの設定

HitBTCにログインし、右上にある歯車のダイアログマークから各種設定画面を開く。

各種設定画面から「Security」のタブをクリックします。

ここで設定するのは、以下の2点のセキュリティです。

  • 自動ログアウト設定
  • 2段階認証設定

自動ログアウト設定

一定時間が経過するとログアウトする機能ですが、デフォルトではログアウトしないになっています。

PCが乗っ取られた時など危険なので、最大でも1日経過したら自動ログアウトするように設定するのがいいでしょう。

「Automatic logout」をプルダウンして「1day」を選択し、「save」をクリックします。(ここは30分から7日までの範囲で選択できます)

2段階認証

2段階認証アプリでQRコードを読み込み、バックアップも録っておきましょう。

 

IndaHashとは

IndaHash(インダハッシュ)はFacebookやinstagramなどのSNSユーザーはアカウントと紐づけて投稿により利益を得る事ができるサービスをすでに提供しています。今後IndaHash独自の暗号通貨IDHにより支払いなどを受ける事が出来ます。

すでに世界的に使用されているSNSを使用する仕組みになっているため、利用者が増えやすいのが特徴です。

IndaHashの特徴はこの様になっています。

・ポーランドの企業
・企業名:IDH Media S.A
・スマホアプリは6月に公開済み
・インフルエンサーが36万人登録
・SNSに関連づけして使用可
・フォロワーの反応により報酬発生

Indahashの提携企業

世界中の企業1,078社と提携しています。誰もが知っている企業ばかりです。

IndaHashの仕組み

IndaHashのサービスが利用できるSNSとしては「Facebook」「Twitter」「Instagram」などがあります。すでに利用しているアカウントをそのまま使用できます。

IndaHashのサイトにて報酬がもらえる条件とそのタグを確認し、それに合う投稿を行うだけで報酬を得る事ができるというサービスになります。

例えば、こちらはマクドナルドの場合になります。

条件としてはマクドナルトにてハッピーセットを注文し、ポケモンのおもちゃの写真をSNSに投稿します。

タグとしては指定されている「#pokemonmcdonalds」のハッシュタグを入力するだけです。

IndaHashのICO

・期間:11/8(水)〜12/20(水)
・価格:1 ETH = 3200 – 4480 IDH
・IDH単価:7.8 – 10.9円
・ハードキャップ:6千720万IDH
・ボーナス:10〜40%
・最低額:0.05ETH(約1,750円)

*現在価格の1ETH=35,000JPYとして試算しています。

期間とボーナス

サイトに記載されている以下の画像を見て頂けるとわかるかと思います。

記載されている内容としてはこの様になっています。

・Pre-ICO (ボーナス40%)

11/8(水)〜11/15(水)の間で1ETH(35,000JPY)=4,480IDHで販売されます。1IDHあたりの単価は7.8円です。

・ICO (ボーナス20%)

11/29(水)〜12/6(水)の間で1ETH(35,000JPY)=3,840IDHで販売されます。1IDHあたりの単価は9.1円です。

・ICO (ボーナス10%)

12/6(水)〜12/13(水)の間で1ETH(35,000JPY)=3,520IDHで販売されます。1IDHあたりの単価は9.9円です。

・ICO (ボーナス0%)

12/13(水)〜12/20(水)の間で1ETH(35,000JPY)=3,200IDHで販売されます。1IDHあたりの単価は10.9円です。

*現在価格の1ETH=35,000JPYとして試算しています。

IndaHashのロードマップ

IndaHashのロードマップとしては以下の様になります。

ICO終了後から暗号通貨が使用できるまでの期間が2ヶ月ほどの短期間です。良くあるICOパターンだと「なかなかサービスが展開されず使いどころが無い=価格が下がっていくパターン」が多いですが、IndaHashのスケジュールにはスピード感があります。

・2018年1月に取引所へ上場
・2018年2月にアプリでウォレットを追加
・2018年3月にアプリでIDHを使用可能
・2018年5月「PAY-WITH-FAME」を開始。大手企業と提携を強化
・2018年6月積極的にキャンペーンを実施

IndaHashの評判

数々の海外メディアに取り上げられており、知名度はかなり高いです。
またICOBenchの評価もまぁまぁです。

ICOBenchの評価

ICOを評価するエキスパート集団のICOBenchさんの評価ですが、4.4/5.0点になっています。評価としては高い方です。現在ICOBenchで評価されているICOは100個以上ありますが、その中で10位以内といった所です。

ICOの参加についてことらも参考に

スポンサーリンク