登録前にアカウントのクラスについて説明しておきます。

アカウントクラスとは

ビットフライヤーでは

  1. ウォレットクラス
  2. トレードクラス

の2クラスが用意されています。

ビットフライヤー登録方法クラスによって、利用できるサービスと利用の合計金額が違ってきますので、あなたの目的に合ったクラスで
登録することになります。

とはいってもウォレットクラスでは、仮想通貨の購入ができません。

この記事では、トレードクラスでの登録方法を、説明していきます。

 

アカウント登録

ビットフライヤー登録方法

ビットフライヤーのアカウント登録はとても簡単で
  • メールアドレスのみの登録
  • Facebookアカウント
  • YahooID
  • GoogleID

と4つの方法が用意されています。

ビットフライヤーからのメールを受け取ることができればどれでもかまいません。

この記事では、Facebookで認証していますが、やり取りのメールが届くのはFacebookで登録しているGmailに届いています。

この段階のポイントとしては、セキュリティのサービスである二段階認証の受け取りを考えると通常で利用しているアドレスを選ぶと操作が楽になります。

アカウントの作成が終了すると続けて、取引時確認の項目の登録に移っていきます。

以下のようなメールが届きますので、初回パスワードをメモし、パスワードの変更を必ず行いましょう。

ビットフライヤー登録方法取引時確認

この時点でのクラスはウォレットクラスになります。

ウォレットクラスからトレードクラスにクラスアップし、サービスを利用していくには、下のキャプチャー画像の
状態にする必要があります。

ビットフライヤー登録方法クラスの確認は、ログイン後のホーム画面の少しスクロールした右側に表示されます。

  • ご本人情報のご登録
  • ご本人確認資料のご提出
  • お客様の取引目的等のご確認

この3段階を確認することで、始めて取引が開始出来るようになります。

ビットフライヤー登録方法登録していくと、次の登録へ促すようになっていますので、画面指示に従って入力していくようにします。

また、途中で画面を離れてしまった場合は

ビットフライヤー登録方法アカウント情報の未確認部分をクリックすることで登録画面に戻れます。

 

その他の認証について

ここでは、先ほどのキャプチャー画面の残りの4項目について説明しておきます。

必要な項目は、「銀行口座情報確認」だけになります。

  • 携帯電話認証
  • セルフィーID認証

この2項目は任意での登録になり登録していなくても取引上問題は無いので、無理に登録する必要はありません。

ということで、続けて銀行口座情報を登録します。

銀行口座は、クイック入金、通常入出金に関わってきます。

ビットフライヤー登録方法ビットフライヤー側の銀行口座は三井住友銀行になっていますので、入出金時の手数料を考えると三井住友銀行が一番良いと思います。

ビットフライヤー登録方法出金時の手数料も大きく違ってきます。

ここまで登録、入力の確認が終了すると、仮想通貨の取引ができるようになります。

以上が口座開設方法の手順になります。