スポンサーリンク


Lisk(リスク)は、2016年5月24日に公開されたばかりの非常に若い仮想通貨です。 公開されてまだ日が浅いにもかかわらず、数百ある仮想通貨の中でも上位の時価総額に付けたり、国内の取引所Coincheck(コインチェック)で取り扱いされるなど何かと注目度の高い仮想通貨の一つです。

Lisk(リスク)について

Lisk(リスク)は英語で「危険」を意味する「Risk」とはまったく異なり、「簡単」を意味する言葉です。

仮想通貨にはビットコインやリップルなど資金移動を主眼に置いた「決済型」と呼ばれるものがありますが、Liskはイーサリアムやネムと同じ「プラットフォーム型」に分類されるコインです。

正確には「分散型アプリケーションプラットフォーム」の名称で、通称「DApps」と呼ばれています。

DAppsは特定の管理者を置かず、参加者全員がお互いのサーバーに相互にアクセスする仕組みを採っています。

Lisk(リスク)はイーサリアムと同じくスマートコントラクト技術を使用しており、契約を自動的に実行して保存してくれるので、例えばLプラットフォーム上でICOの開催をしたり、開発ツールであるSDKによってアプリケーションの開発なども行えます。

イーサリアムとの違い

Lisk(リスク)の場合、複数のブロックチェーンを使って取引処理ができるサイドチェーンを使っているため、メインチェーンを使っているイーサリアムよりも取引処理のスピードを早くすることができるのです。

そしてサイドチェーンを使うことによって『セキュリティ面の向上』も期待できます。

というのも、メインチェーンに取引情報を全て載せると、万が一ハッキングの被害に遭った場合にメインチェーンを丸ごと変える必要があります。

要するに『ハードフォーク』をする必要が出てくるのです。

しかしリスクのようにサイドチェーンを利用している仮想通貨であれば、ハッキングされてもメインチェーンには情報を載せることがほとんどありませんので、対策が取りやすいのです。

また、イーサリアムは、スマートコントラクトの記述にSolidityという独自のプログラミング言語を使用しているため、開発しづらい側面があります。その点、リスクは多くの人が利用しているjavascriptを採用しているので、エンジニア視点で考えると新しいサービスを作り出す環境が整っているとは言えます。

Lisk(リスク)の今後の見通し

今年のリスクのイベント

2018年2月20日にリブランディングを行う予定です。

これはロゴや公式サイトデザイン、通貨の名前などを刷新することによって、ブランドイメージ等を向上することを目的としています。他の通貨ではDarkCoin→DASH、Antshares→NEOといった通貨が名前を変えて、値段が高騰した例があります。

また、4月にはアプリ開発ツールであるSDKの配布が行われ、リスクのプラットホームがが本格始動します。

さらに、秋には「ブロック報酬減少」と言うイベントが控えています。リスクの現在発行枚数は約1億1600万枚。理論上発行枚数は無限なのですが、インフレを防ぐ仕組みとして「ブロック報酬減少」があります。

毎年発行枚数を減らして行くことで、結果として1枚当たりの希少性を高めていきます。

まだまだ低い時価総額

2017年1月1日に約17円だったリスクは約3700円まで上昇しました。(2018年1月6日現在)

高騰した理由としては企業提携や取引所上場、リスクそのもののアップデートを見越した買いが入ったものと思われます。

そして時価総額の点で見ると、ビットコインが約28.7兆円、イーサリアムが約10.4兆円に対してリスクはまだたったの約2700億円です。

例えば現在のイーサリアムの3分の1程度の時価総額まで成長できたとすると、1LSKは約31000円、現在の約12倍になります。今後の成長性を考えると、決して難しい数字ではないと思います。

大手取引所への上場の可能性

アルトコインは現在多くの取引所で取引されていますが、リスクは国内はまだコインチェックでしか取扱いがありません。もしそれが大手取引所で扱われたら流動性が増大し価格の上昇につながります。

実際にZaifでしか扱いのなかったモナコインがビットフライヤー上場後に数十倍に高騰した例や、モネロがビッサムに上場決定発表された直後に2倍以上に高騰した例があります。リスクはこのどちらにも未上場ですが、以前から上場の噂はあり、もし上場されれば大きく価格に影響すると思われます。

まとめ

リスクは今年さらに価格を上げて行くことが予想されます。

直近では2月20日のリブランディングや4月のSDK配布日(詳細未定)の2~3週間前に仕込むとよいと思います。特に短期売買を主にする人々の買いが入る時期なので、それ位の時期から価格は高騰して行きます。

ただ、他の仮想通貨と比較して時価総額はまだまだ低いので、今が安値圏かもしれません。実際、他の通貨が下落していてもリスクは高騰していることがよくあります。

2018年は更なるリスクの高騰が予想されますので、投資効率が高いコインのひつだと思います。

リスクは、コインチェック(Coincheck)で購入することが可能です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨投資術はこちら

スポンサーリンク