【アルトコイン】ライトコインはビットコインを超えられるのか?

アルトコイン

ビットコインが発行されて10年も経っていない比較的早熟期にあるにもかかわらず、多くの仮想通貨及び複数の競合相手を生み出しました。

一般投資家及び、機関投資家からの資金流入は、代替通貨である”アルトコイン”をビットコイン以外からの多様性を見出す新たな対象として捉えられています。

その中でも大衆に受け入れられており、時価総額や将来的な可能性において際立っているのがライトコインです。

「ライトコイン」の画像検索結果

スポンサーリンク


ライトコインについて

ライトコインの創業者である Charlie Lee氏(以下、Lee氏)は、Googleの元社員であり、ビットコインやイーサリアムに続いて初めてライトコインを扱うようになった最大規模の取引所であるCoinbaseの元エンジニアリング責任者でもあります。

ライトコインは、ビットコインの初期イメージから派生し、そのビットコインの仕組みを初めて取り入れ、修正した通貨の中の一つです。

ライトコインは比較的容量の多いブロックを持ち、流通するコイン量も多いため、取引をより安価で迅速に行うことができます

ライトコインは、独自の優位性から仮想通貨サービスや一般市場においての採用率を高めてきています。

ライトコインの優位性

ライトコインは、取引をより迅速に行うためにブロックチェーンアップグレードとして、SegWit(Segregated Witness)を一番最初に採用しました。

SegWitは、ライトコインやほぼ完成されつつあるライトニングネットワークを採用している人々に対し、実質コストフリーで仮想通貨を交換することを可能にしています

ライトコインでの取引の容易性から、BTCTripや、Bitify 、AllThingsLuxury、Bitcoin.shopなどのEコマース分野への導入が多く見られます。

さらに、Eコマース分野での大手小売業者であるOverstock.comでもライトコインを1つの支払い方法として採用しています。

私たちは、ギフトや、家電を始め、希少金属や宝石類もライトコインを使用して容易に購入できるのです。

このように、小売への採用が積極的に行われている中、仮想通貨、取引所、ウォレットや他のインフラでもライトコインの採用が増加してきています

また、最近では、ビットコインの送金時手数料が高いため、BTC決済を停止した人気オンラインゲームプラットフォームSteamが、バウチャーの購入にライトコインを採用したニュースがありました。

このような投資環境の整備が行われているライトコインが本日高騰しています。

ライトコイン高騰の理由

他通貨に比べて割安

ビットコインやイーサリアムと違い、ライトコインは仮想通貨業界以外でほとんどその名前を聞きません。

多くの新規Coinbaseユーザーは、ライトコインがビットコインやイーサリアムよりも割安なため購入している。

開発者による啓蒙活動

ライトコイン開発者のCharlie Leeは、日々の決済手段としてライトコインの使用を啓蒙している。

投資家の期待感

投資家は、直近2つのニュースに対して期待しています。

一つ目は、ゲーム業界大手Steamがビットコインによる支払いをストップし、ライトコインが代替通貨として名乗りを上げています。

二つ目は、プリペイド携帯電話のBitrefillがライトコインの受け入れを発表。この発表によりライトコインは他企業においても導入が進んでいくのではないかと期待されています。

ライトコインはコインチェックで購入可能です

まとめ

 資産としても、通貨としても高い需要を持つライトコインは、ハイブリッドのように機能し、ビットコインよりも遥かに長い存続可能性を秘めているかもしれません。

ライトコインのトラブルのないコミュニティや安定性が、低いボラティリティや着実なトレンドを生み出し、今後も投資家から熱い視線が注がれると思います

アルトコイン投資についてこちらの記事が参考になります

スポンサーリンク


 

 

コメントを残す

CAPTCHA


ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。