急騰したモナコイン(MonaCoin)国産コインの強さ発揮

アルトコイン

国産仮想通貨のモナコイン(MONA)が高騰しました。モナコインはインターネット掲示板2ちゃんねる発祥の国産仮想通貨として知られており、今年10月に1週間で10倍以上と、一気に価格を上昇させたことでも注目されました。

この時は大手仮想通貨取引所のbitFlyerに上場され、取引が増えたことがきっかけと考えられています。

この後、しばらくは300円から400円ほどで推移していましたが、この一週間で急変、9日には2,000円を突破しました。2017年初頭では3円ほどでしたので、実に600倍以上の高騰となります。

スポンサーリンク


MonaCoin Charts
今回の高騰はさまざまな憶測が見られますが、やはり国産の仮想通貨ということで、そのコミュニティの強さが考えられます。また、ビットコイン(BTC)の最近の高騰で今まで仮想通貨に投資をしていなかった層(株式や為替のトレーダーなど)を取り込んでいるといった見解も見られます。

bitFlyerが米国での事業展開「bitFlyer USA」を発表した時期とも取引量が比例していますので、これに対する期待上げも手伝っているように考えられます。現状ではbitFlyer USAではモナコインの上場予定は発表されていませんが、仮に米国でモナコインが取引されるようになれば、さらに価格が上昇する可能性も考えられます。

今後、さらなる個人投資家の新規参入も見込まれます。今のうちにコミュニティの強い通貨にも目星を付けておくことも戦略のひとつとも言えます。

注意点としては、モナコインの上昇にあやかりたいと、これから購入を考えるようでしたら、今の高値がどこまで続伸するか様子見をしてからでも遅くはないと思われます。思わぬ高値掴みをしてしまうこともありますので、調整局面を狙うなど、慎重な判断が問われます。

しかしながら、ここまでの爆発的な上昇は仮想通貨全体を見てもごく稀な例ではないでしょうか。市場参加者からは今後の相場動向が注目されています。

コメントを残す

CAPTCHA


ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。