【ICO】GACKTがプロジェクトへの参画を表明している「SPINDLE(スピンドル)」の評判

ICO

スポンサーリンク


ミュージシャンである「ガクト氏(本名:大城ガクト、Gackt)」が事業家として仮想通貨「Spindle(スピンドル)」ICOに参加を表明したことで大きな話題を集めています。

Gacktが参画する仮想通貨プロジェクトは、「SPINDLE(スピンドル)」という投資プラットフォームのICOです。

SPINDLEの概要

SPINDLEはイーサリアムのスマートコントラクトを利用した投資・運用プラットフォームで、透明かつ公平な投資を行うことを目指したサービスです。

SPINDLE公式ページ:https://spindle.zone/jp/

透明性と公平性により信頼して投資を行うことができ、多くの人々が「主体的に」投資に取り組むようになることをSPINDLEは意図しているとのこと。

このプラットフォームにより、投資が非中央集権化し、投資者と運用者が対等となり、投資者は同時に運用者にもなり得る。

結果、投資が単なるお金を増やす目的だけで行われるのではなく、プロジェクトに参加・支援するという別の目的でも投資が行われるようになることも目指しているとのことです

SPINDLEの評判

SPINDLE」の事業チームを構成する「BLACKSTAR&CO」という会社のメンバーが、以前に金融庁から金融商品取引業者の登録取消処分を受けた「ドラグーンキャピタル㈱」という企業のメンバーだったとのことです。

「ドラグーンキャピタル㈱」は、お客から預かった投資資金を投資に回さず使い込んだり、損失が出ているのにお客には「儲かってます」と嘘の報告書を提出したり、そもそも投資業の実態が無かったりと、典型的な投資詐欺の行為を行っていたようです。

まとめ

あくまでネット上のことなので、どこまでが事実なのかははっきりしません。

ガクト氏が参加することにより通貨の認知度は格段に上がっています。

しかしながら運営会社の過去の実績などを見ると不透明なところもあり、少額で試しに参加してみるというのも選択肢がありますが、総合的に判断して、もう少し通貨について詳細に調べる必要があると現時点では思っています。

ICO投資は、成功すると大きなリターンを得られる可能性ある一方で、実態のない仮想通貨をただの資金集めのための詐欺も一部で行われているもの事実となっています。

大事なお金を無駄にしないためにも、将来実用性がある通貨なのかどうかをよく調べて投資すべきと考えます。

ICO投資に関する解説記事はこちら

スポンサーリンク


コメントを残す

CAPTCHA


ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。