スポンサーリンク


現在、新しい投資対象として注目されているのが仮想通貨です。

そこで、そんな仮想通貨をゼロから学ぶために仮想通貨の基本的な仕組みについて、解説していきたいと思います。

仮想通貨とは

仮想通貨とは、インターネット上に存在する電子的な通貨です。

お金のように、紙幣や貨幣などの形が存在しないため、「デジタル通貨」などと呼ばれたりもします。

「円」や「ドル」と違って実態のない通貨になります。

仮想通貨の特徴は以下のようなものがあることです。

  • 法定通貨と換金性がある。
  • 暗号化と分散化技術で、通貨の改ざんなどの不正や消失を防いでいる
  • 特定の国家や銀行に依存しない

法定通貨との換金性

法定通貨との換金性とは、法定通貨から仮想通貨、仮想通貨から法定通貨に交換できる事を言います。

法定通貨とは、法的に決済手段として認められている通貨のこと。日本では、日本円のみが法定通貨になっています。

オンラインゲームの中で使われるお金や電子マネーは、課金やチャージ機能を使って、実際のお金である「円」や「ドル」から交換する事ができます。しかし、逆にゲームの中で稼いだポイントや、一度チャージした電子マネーは現金に戻す事ができません。

それと比較して、仮想通貨は、現金を仮想通貨に変える事ができますし、仮想通貨から現金に戻す事もできます。これが「法定通貨との換金性」になります。

暗号化と分散化技術で、通貨の改ざんなどの不正や消失を防止

ビットコインは、不正防止のため暗号による承認が行われる。コインは10分ごとの取引情報の束「ブロック」を時系列でチェーンのようにつなげて記録しており、過去のブロックから次の暗号が作られる。このため改ざんには膨大な計算が必要で、極めて困難である。

仮想通貨の発端となった「ビットコイン」では、

  • ブロックチェーン技術
  • P2P分散化技術
  • プルーフオブワークシステム

といった新たな技術によって、通貨としての安全性が保たれています。

特定の国家や銀行に依存しない

円やドルのような通常の通貨では国家や銀行が発行します。

しかしビットコインは発行元がなく、あらゆる政府や銀行などから独立しています。

特定の国家や銀行に依存しないので、金(きん)のように世界的な経済危機などの際にリスクヘッジになる投資先として注目されています。

仮想通貨と暗号通貨の違い

仮想通貨は、「暗号通貨」という呼ばれ方をすることもあります。

仮想通貨も暗号通貨も意味は同じです。

海外では仮想通貨のことをcrypto-currency(暗号通貨)と呼ぶのが一般的で正式な名称としては「暗号通貨」のほうが正しいです。

まとめ

仮想通貨がマスコミでも取り上げられ始めたいま、世界中の人々が乗り遅れまいと参入していることも事実であり、今後も益々価格は上昇していくことでしょう。

少額(1万円程度)からでも取引を開始できる仮想通貨ですので、是非始めてみてはいかがでしょうか。

初心者におすすめ仮想通貨取引所

やはり初心者の方には、日本語での取引ができる国内の取引所がおすすめです。以下の取引所がおすすめです。

コインチェック(Coincheck)

ビットフライヤー(Bitflyer)

ザイフ(Zaif)

仮想通貨投資初心者におすすめ投資術

スポンサーリンク