スポンサーリンク


2018年年明け早々、誕生約4ヶ月の仮想通貨トロン(TRON)の価格は400%急騰し、0.16ドルに達しました。

その高騰によって、トロン(TRON)時価総額は110億ドル(1.24兆円)で、ダッシュ、モネロ、イーサリアムクラシックを抜き9位に上昇しました。

仮想通貨取引所Binanceでは24時間で、21億ドル(2,367億円)分のTRXが取引(対ビットコイン及びイーサリアム)されました。

仮想通貨トロン(TRON)について

トロン(TRON)は中国のICO通貨で、コンテンツエンターテイメントを発展させるために、中国で生まれた仮想通貨(アルトコイン)であり、現在はICO時の値段から30倍以上の大幅な値上がりをしています。

Binance(バイナンス)でのICO時には、申し込み開始からわずか30秒で完売した人気通貨です。

トロン(TRON)の具体的なシステムは分散型ストレージと、ブロックチェーン技術を用いることで、世界的なエンターテイメントシステムを構築することを目指す、ブロックチェーンベースの分散型プロトコルです。

これにより配信デバイス側から受ける様々な制限やマージン(広告料の一部やアップロードの為の有料会員費など)もなく、誰もが自由にコンテンツを発信することが可能になります、。

youtubeやニコニコ動画、OPENRECなどのデジタルコンテンツをWebサイト上ではなくブロックチェーン上にアップロードしそれらを管理することができます。

国内取引所へ上場予定

1000万人以上のユーザーをもつ音楽ストリーミングサービスPeiwo創業者でもあり、トロン(TRON)のCEOでもあるJustin Sun氏がTwitter上で『もうすぐ日本の取引所上場の為に金融機関に上場申請をとる』と発言しています。

日本の取引所に上場すれば高騰することはほぼ間違いないと思います。

これはあくまで私の予想ですが、おそらく国内に上場するとしたらZaif(ザイフ)bitbank(ビットバンク)と思われます。

仮想通貨取引所は、取引量が極端に増加すると、サーバーがダウンしてしまうこともあるので、今のうちに登録しておいたほうが良いと思います。

現在トロン(TRON)を購入するとするとBinance(バイナンス)がおすすめです。BITTREXでも購入できますが、日本語は対応していないので、日本語対応しているBinance(バイナンス)が取引しやすいと思います。

ただ、新規の口座開設の多すぎて、登録を一時停止しているようです。

じきに再開すると思いますので、こまめのサイトをチェックしてみてください。

Binance(バイナンス)口座開設はこちらから

Binance(バイナンス)の口座開設方法

アカウントを作成する

google chromeを使ってサイトのアクセスし、「アカウントを作成します」というところをクリックします。

 

このページに移動します。日本語ですね。

  • アドレス
  • パスワード(大文字、数字が入ってないとだめ)
  • パスワード(確認用にもう一回入力)
  • 謎の番号:これはそのまま。
  • チェックボックス:利用規約を読んで、チェックする

ここまで済んだら、「登録」をクリックします。

 

バーをドラッグして、パズルをはめ込みます。

 

届いたメールから、バイナンスに再度アクセスする

メールが届きますので、届いたメールの「Verify Email」からバイナンスに再度アクセスします。

 

以下のような画面が出てきます。「ログイン」をクリックします。

 

ログイン画面です。アドレスと、パスワードを入力して、ログインします。

 

パズルゲームがあります。

 

二段階認証を設定する

ログインすると、まずこのような画面が出てきます。ちなみに携帯認証は中国製の携帯しかできません。「Google検証」をクリックします。

 

こんな画面が出てきますので、Google認証システムのアプリを起動してQRコードを読み込みます。

もしもまだアプリ入れてなかったら、以下リンクから、インストールしてください。

・Google認証システム

iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/google-authenticator/id388497605?mt=8

Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.authenticator2&hl=ja
Google認証システムに、以下のように「Binance.com」という項目が追加されます。

 

先ほどの画面右側の「Enable 2FA」のところに、ログインパスワードと、二次検証コード(6桁)を入力し、「Enable 2FA」をクリックします。

 

こんな画面に変わったらOKです。

仮想通貨投資術はこちら

スポンサーリンク