スポンサーリンク


リップルを取り扱う取引所でスピード、信頼性、スケール力によりXRPの需要は増えています。

今年のはじめは、XRPを取り扱う取引所は僅か6ヶ所でしたが、現在、世界中の取引所50社でXRPの取引が可能になりました。

 

XRP需要の増加は、市場がxRapidを使い金融機関向けの流動性ツールとしてより速くスケーラブルな通貨を求めている証拠です。

米新興企業向け株式市場Nasdaqが今後リップルは2018年12月までに高騰するという記事を掲載しました。

仮想通貨投資は、今や、誰でも参加できるものになってきました。 ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は、大手の金融企業や、中央銀行までもがそのテクノロジーを重要視するようになって来ています。

投資家は、この24ヶ月の間に、普通では考えられないようなリターンを得ました。異常な値段の上がり下がりと将来への大きな期待から、短期トレーダーと長期投資家の中で争いが起きてる。

リップルは、リアルタイム決済や通貨交換、送金ができるブロックチェーン上に構築されたネットワークです。リップルは、国際間の決済を可能にする最も速く、拡張性のあるデジタル資産として広く認知されており、銀行業界に非常に注目されています。

リップルには、先駆者であるビットコイン同様に非中央集権型の仮想通貨を構築し、「インターネットが情報に与えた影響を今度はリップルがお金のために与える」ことを目標としています。つまり、官僚機関からのお金の解放を目指しています。

リップルはビットコインと競争をするために作られたわけではなく、ビットコインを補助するために作られました。リップルネットワークの目的は、ビットコインを含むあらゆる通貨のスムーズな送金を目的としています。

世界でも有数の複数の銀行が、リップルプロトコルを採用しています。さらに、リップル社は、Andreessen HorowitzやLightspeed Venture Partnersなどの主要ベンチャーキャピタルグループからの出資も受けてる。つまり、各業界がリップルの将来を見据えて真剣に捉えています。

速度、拡張性、安定性のどれを取ってもリップルはその他のブロックチェーンプロジェクトから一線を画しています。支払いに数日間かかる既存の銀行システムや数時間かかるビットコイン、数分かかるイーサリアムに対し、リップルは同じ支払いを4秒でやってしまいます。

リップルは、現時点で1秒毎に1500もの取引を完了させ、それを24時間休みなく続けることができ、さらなる拡張も期待されています。

リップルの技術は発展途上の段階です。つまり、この技術は陳腐化するかもしれませんし、競合の出現や、他の技術革命が起こる可能性もあります。

リップルの主なリスクとしてあげられるのは交換リスクです。2014年のMt. Goxのビットコイン紛失のように、規制されていない取引所には大きなリスクが存在しています。

仮想通貨に限らず投資を行う際は、必ず余剰資金で投資を行いうことが大切です。

あなたのポートフォリオに、リップルをハイリスク・ハイリターンが得られる通貨として、追加することを検討してみてはどうでしょうか。

リップルはこちらの取引所で購入できます

 

スポンサーリンク