仮想通貨やICO で稼いだ場合、税⾦について計算する必要性があります。
仮想通貨は、両替えしたり、別の仮想通貨に投資をして利益が出ると税⾦がかかります。

国税局からアナウンスがあった内容は「仮想通貨で得た収⼊は全て“雑所得”というものに分類されます」 という内容です。
では、どれぐらいの税⾦がかかるのか?
この質問を税務署にしても未だに、担当者によっては解答が違ったりするそうです。

ビットコイン決済について

現在、ビットコイン決済を利⽤できる機関が増えていますが、現⾦に換⾦することなくビットコイン決済をした場合、どのような扱いになるのか?
これは、決済をした時点で収益という対象になります。
しかし、国税局からのアナウンスでは曖昧な部分があります。
それは、価格変動に関してで、法定通貨とは違い、国という信⽤できるバックグラウンドがない仮想通貨は、常に価格が変動し続けていますが、買い物をするとどのような問題が起こるのでしょうか?

例)20万円で購⼊したビットコインが50万円に⾼騰。
⾼騰した時点で決済を⾏うと、収益という扱いになります。

例)100万円で購⼊したビットコインの価格が50万円に下落。
この時に決済をおこなうと、課税対象にはならないという⾒解があります。

しかし、それを証明することが大変です。

明瞭に数値が⾒えてないと、証拠としては機能しない可能性が高いです。

ビットコインで他の通貨に投資した場合

ビットコインを購⼊し、価格が値上がりしても、そこで円に変えない限りは課税対象にはならない。

しかし、価格が値上がりしたビットコインでリップル、リスクといった他の仮想通貨を購⼊した場合は課税対象になる。

さらに、その後、購⼊した暗号通貨の価格が下がった場合は、どうなるのか?

これは、値上がりしたビットコインと値下がりした仮想通貨の差額が課税対象になります。

例)30万円で購⼊したビットコインが60万円に値上がり(※この時点ではまだ課税対象とはならない)

そのビットコインで購⼊したリップル60万円分が50万円まで値下がりした場合、

ビットコインの収益30万̶リップル損失分10万=20万円の収益分の課税対象になる。
ただし、年次繰越は適応されない。

仮想通貨で稼いだ利益は雑所得となる

仮想通貨で儲かった資産に対して、どれだけ税⾦を徴収されるのか?

例えば、3,000 万円儲かったとします。

FX・株の場合は、20.315%という税率がしっかりと定められているから明瞭でわかりやすいです。

3,000 万円に対する 20.315%ですから 約 609 万が課税対象額です。

しかし、仮想通貨で儲けた場合特別に決められた税率が定められていません。

つまり、仮想通貨で稼いだ所得は、「雑所得」という扱いになります。

雑所得で 3,000 万円以上のお⾦を稼いだ場合は、多くて約 55%、1,650 万円が課税対象額となります。

※ただしこれは 3,000 万円稼いだ場合で、仮想通貨の税率がすべて約 55%という ことではありません。

同じ投資で、稼いだ額が同じであっても、課税対象額が半分以上違うという事実は、意外と知られていません。

せっかくあなたが稼いだ資⾦が、半分も政府に持っていかれてしまいます。

過去、FX や株式での稼ぎも雑所得扱いのときがありました。20.315%の税率が施⾏されたのは、 5 年位前のことです。

つまり、仮想通貨も今後、そういった税制の動きがある可能性があると予想できます。

仮想通貨で儲けたお⾦は、国税局からのアナウンスで「雑所得」という扱いとなり、現時点では「雑所得」の税率が適用されます。

今後、仮想通貨に関するの法律がどのように変化するかわかりませんが、2017年の利益は「雑所得」での確定申告となります。

スポンサーリンク


仮想通貨投資術に関する記事も参考に